X線材料強度部門委員会のご案内

日本材料学会X線材料強度部門委員会
委員長 栗村 隆之(三菱重工業株式会社)


 X線材料強度部門委員会は,1961年(昭和36)にX線応力測定部門委員会として発足し,1965年に現在の委員会の名称に変更して今日まで活動を続けています.本委員会は,X線回折を主とする材料評価手段を通じて材料の強度特性を解明しようとする学術分野,すなわちX線材料強度学に関する学術の発展および技術の向上に寄与することを目的としています.
 本委員会は,当初よりX線回折を主要な手法として結晶材料のひずみを測定し,残留応力や微視的変形機構を解明するために研究を続けています.回折面依存性,相応力,3軸応力および集合組織などX線応力測定の優位性を生かしながら,多種多様な材料を対象に研究を広げてきました.さらに,疲労損傷,塑性変形過程などの研究にも取り組んできました.これまでの成果は,「X線応力測定法」(養賢堂,1961年,1981年),「X線材料強度学---基礎編・実験法編---」(養賢堂,1973年)にまとめられています.
 X線応力測定の実用化の面では,フェライト・マルテンサイト系鉄鋼材料,オーステナイト系鉄鋼材料,セラミックス材料へと応力測定の方法を適用してきました.1973年以来,これらの成果は「X線応力測定法標準」(鉄鋼編,セラミックス編)日本材料学会の標準としてまとめられています.また,中性子の透過力を生かし深部の応力測定の方法を検討し,その成果を2005年に中性子応力測定標準(X線材料強度部門委員会標準)としてまとめました.さらに,これまでの鉄鋼およびセラミックス材料のX線応力測定法標準を世界に普及し,また国際社会での産業界の活動を支援するために,Standard Method for X-Ray Stress Measurement (英文版X線応力測定法標準) を発行しました.その他,VAMAS-TWA20に参画し,この活動を通して,中性子,高エネルギー放射光およびX線による応力測定の国際標準の策定にも協力しています.
 本委員会は,毎年3回の定例委員会を開催しています.委員会では活動の議論と合意を大切にした研究活動を展開しています.定例委員会では,幅広い研究の動向を吸収し,本来の研究を高めるために積極的に講演会も開催しています.これらの委員会活動により,委員の研究を活性化させるよう努めています.本委員会ではX線材料強度に関する研究および 技術を育成するため部門委員会賞を設けています.業績賞に加え,昨年より研究・開発賞を新設しました.平成16年度は,業績賞「新しい光源の応力評価への応用」(名古屋大学・秋庭義明),研究・開発賞「X線回折による単結晶の残留応力測定理論の構築と応用」(原子力研究所・鈴木裕士)となっています.
 現在,当委員会内の小委員会として,放射光小委員会,溶接部残留応力測定小委員会および中性子小委員会が活動しています.現在,シンクロトロン放射光および中性子の新しい光源を利用した応力評価がめざましい発展を遂げています.これらの光源は放射光施設や原子炉などの施設を利用するために,各小委員会は積極的に利用の促進・調整を図り,有効に実験を遂行できるように援助しています.これらの成果の一部は,2005年5月号の講座「新しい光源による応力評価」(4回)として連載されています.今後も,新しい光源としての放射光,中性子源での応力測定の実験ハッチの確保が重要となり,当委員会への多くの支援と協力が求められています.特に,大強度陽子加速器(J-PARC)の完成により,高輝度の中性子源が実現できることにより,新たな応力評価へ期待を寄せています.溶接部残留応力測定小委員会では栗村隆之(三菱重工)主査を中心に,溶接部の残留応力を測定するための方法確立に向けて,ラウンドロビンを開始しました.この小委員会活動の成果として,溶接部の応力測定法のガイドラインを提案される日が必ず来るものと期待しています.この成果は,産業界に大いに寄与するものと思われます.
 委員会による企画として開催されるX線材料強度に関するシンポジウムは今年で40回を迎え,毎年9月に2日間にわたり約40件の発表をもとに,熱心な討論が展開されています.表面改質,単結晶,粗粒,薄膜,集合組織など幅広い対象材料と多様な手法により,研究が展開されています.それらの代表論文は,審査を経てX線材料強度特集号として発刊され,X線材料強度部門委員会の活動の趨勢を知ることができます.また,毎年12月にはX線材料強度に関する討論会が開催され昨年で,41回となりました.昨年は,「溶接残留応力測定の現状とX線応力測定法への期待」をテーマに熱心な討論が展開されました.討論会の参加者数も例年を超えて盛会となりました.しかし,これは,破損,事故の原因の多くが溶接部とも言われながらも,溶接残留応力について十分な研究を継続してこなかった当委員会への警鐘として受け止めるべきと考えています.
 本委員会は,大学・学校,研究所,企業などの100余名の個人および会社委員から構成されています.本委員会の活動および最新の動向は,委員会のホームページ(http://x-ray.ed.niigata-u.ac.jp)から知ることができます.所属,研究分野を問わず,X線材料強度に興味のある方,またX線応力測定を必要とする方の入会を歓迎しています.ぜひ,現委員または日本材料学会へご連絡ください.



ホームにもどる